Q&A

Q&A

新聞折込チラシ 折込広告に関するQ&A 平成19年4月11日

・   Q.折込広告のメリットはどのようなものがありますか?
・   Q.いつまで申し込みをすればよいですか?
・   Q.折込広告を搬入する場所はどちらになりますか?
・   Q.折込ができる新聞はどの新聞ですか?
・   Q.折込ができる枚数はどのくらいですか?
・   Q.折込ができる広告はどのようなものですか?
・   Q.折込できない広告はどのようなものですか?
・   Q.折込の料金はいくらですか?
・   Q.折込ができる地域はどこですか?
・   Q.折込ができる日はいつですか?
・   Q.折込を作成したいのですがどうすればよいですか?
・   Q.折込はどのように家庭に届きますか?
・   Q.折込以外でどのような広告を扱っていますか?
・   Q.より効果的な折込をしたいのですが、どうすればよいですか?

Q.折込広告のメリットはどのようなものがありますか?
A.
①新聞に折り込まれるため、信頼性・注目度が高く、購読者(消費者)の手元まで確実に届きます。
②配布したい地域・日時が自由に選択できるため、効率の良い広告ができます。
③予算に応じて、配布枚数・配布回数・紙サイズ・紙質など自由に設定できます。
④即効性が高いうえに、保存が容易なため、持続性もあります。

Q.折込広告の申し込みはどうすればよいですか?
A.基本的には受付窓口へお越しのうえ、「新聞折込部数表」に広告主名、紙サイズ、配布枚数、折込日、配布する地域などを記入していただければ申し込みは完了です。また、FAXなどでも受け付けておりますので、お気軽に折込九社会会員社へお問い合わせください。各地域の折込申込受付窓口とお問い合わせ先は 以下の通りです。
[北海道地区]
株式会社道新サービスセンター
本社:〒060-0042 札幌市中央区西18丁目1-30 道新西ビル
発寒折込センター:〒063-0836 札幌市西区発寒16条14丁目3-5
TEL(011)665-5447 FAX(011)665-5448
[東北地区]
株式会社河北折込センター
〒984-0002 宮城県仙台市若林区卸町東3丁目4番1号
TEL(022)390-7322 FAX(022)390-7822・7823
[北陸地区]
新潟日報サービスネット株式会社
〒950-1125 新潟県新潟市西区流通3丁目1-1
TEL(025)233-3500 FAX(025)233-3600
[近畿地区]
株式会社京都新聞折込サービスセンター
〒604-0872 京都市中京区車屋町通夷川上ル少将井御旅町365番地 京都新聞アネックス
TEL(075)257-3100 FAX(075)257-3108
株式会社神戸新聞総合折込
〒651-2241 兵庫県神戸市西区室谷1丁目2-6(神戸ハイテクパーク内)
TEL(078)990-1555 FAX(078)990-1500 フリーダイヤル0120-0653-87(本社直通)
[中国地区]
株式会社山陽折込広告センター
〒700-0986 岡山県岡山市北区新屋敷町2-1-1
TEL(086)241-5252 FAX(086)241-8833
株式会社中国新聞サービスセンター
〒733-0833 広島市西区商工センター7-6-30
TEL(082)244-1771 FAX(082)244-1784
[四国地区]
株式会社愛媛新聞サービスセンター
〒791-8018 愛媛県松山市問屋町9番22号
TEL(089)923-6611 FAX(089)923-6622
[九州地区]
株式会社西日本新聞総合オリコミ
〒813-0018 福岡市東区香椎浜ふ頭二丁目3番-8号
TEL(092)986-1783 FAX(092)986-1942

このページのTOPへ

Q.いつまで申し込みをすればよいですか?
A.市街地への折込であれば折込日の2日前(土・日・祝日除く)午前中、郊外への折込であれば折込日の3日前(土・日・祝日除く)午前中までにお申し込みください。また、お盆や年末年始、地域や新聞によってはお申し込みの締め切り日が変わります。詳しくはお近くの折込九社会会員社へお問い合わせください。

Q.折込広告を搬入する場所はどちらになりますか?
A.搬入場所は折込申込受付窓口と異なる場合がありますので、詳しくはお近くの折込九社会会員社へお問い合わせください。また、搬入方法についてもその際にお問い合わせください。

Q.折込ができる新聞はどの新聞ですか?
A.折込九社会会員社で発行の「新聞折込部数表」に載っている新聞であればどの新聞でも折込可能です。全国紙、地方紙、地域紙の区別なくほとんどの日刊新聞が該当します。「新聞折込部数表」をご希望の方はお気軽に折込九社会会員社までお申し込みください。

※一部に日刊紙でも新聞折込のできない新聞もあります。地域によって状況が異なりますので、お近くの折込九社会会員社にお問い合わせください。  配布地域については、新聞折込広告の場合、新聞販売店ごとの配布エリアと配布部数が基準となっています。配布したい地域がどの販売店のエリアに含まれるのかをご確認ください。

Q.折込ができる枚数はどのくらいですか?
A.上限はその地区で配布されている新聞の部数になります。ある程度の効果を求めるのであれば、最低でも数百枚以上は必要と思われます。

このページのTOPへ

Q.折込ができる広告はどのようなものですか?
A.印刷物で新聞に折り込んだ時、新聞からはみださない大きさのものであれば折込が可能です。
【大きさについて】
紙のサイズによってB5、A4、B4、B3などのサイズがありますが、A3版以上のサイズのものは「仕上がりB4版以内」の大きさに折り畳んで戴かなければなりません。
また、小さなものでは、はがき程度の大きさまで折込可能ですが、「万が一、抜け落ちて読者の方のお手元に届かない場合がありますが、その際はご容赦ください」との同意を求められる事があります。名刺サイズなど、極端に小さなものは避けた方がよいでしょう。
【紙質や形状について】
特に規定はありませんが、110kg以上の厚紙に対して追加料金が必要な場合があります。
また、変形の紙を使ったり、はがきを綴じ込んだりした場合も追加料金が必要になる場合が多く、企画の段階で折込九社会会員社にご相談いただくことをおすすめします。
ホチキスで何かを綴じ込んだり、金属片のようなものがあったり、新聞を傷つける恐れのある場合は折込広告そのものができなくなる恐れがあります。
通常の用紙以外の場合は、やはり企画の段階で折込九社会会員社にご相談いただくことをおすすめします。

Q.折込できない広告はどのようなものですか?
A.日本新聞協会で示している「新聞折込広告取扱い基準」に準拠していない内容のものは、取扱いできない場合があります。また、地域によっても違いがありますので、申し込みをする前にもう一度内容のご確認をお願いいたします。

Q.折込の料金はいくらですか?
A.詳しくは折込九社会会員社で発行している新聞折込広告料金表を参照してください。

Q.折込ができる地域はどこですか?
A.折込九社会会員社では、地元地域はもちろん、日本全国どの地域にも折込の手配をいたします。

Q.折込ができる日はいつですか?
A.新聞休刊日や選挙等の事情により折込ができない日を除き、新聞が発行される日は、ほぼ毎日折込が可能です。日にちと場所を自由に選択できる事こそが新聞折込広告の特徴です。
※一部地区では夕刊折込も可能です。

このページのTOPへ

Q.折込を作成したいのですがどうすればよいですか?
A.折込九社会会員社では、簡単な折込広告の制作を承っている社もございます。詳しくはお問い合わせください。

Q.折込はどのように家庭に届きますか?
A.新聞を購読していただいているご家庭や事業所に一軒一軒確実に配達されます。

Q.折込以外でどのような広告を扱っていますか?
A.折込九社会会員社では、折込以外にも様々な広告メディアのご提供を行っております。詳しくは「メディア ミックス紹介」のページをご覧ください。

Q.より効果的な折込をしたいのですが、どうすればよいですか?
A.折込九社会会員社では、部数表、料金表を始め、商圏分析資料などをご提供し、効果的な折込配布プランのご提案をさせていただいております。詳しくはお近くの折込九社会会員社にお問い合わせください。

その他、ご質問があればお気軽にお問い合わせください。

このページのTOPへ